東京 2020 オリンピック聖火リレー

Photo by Tokyo2020
Photo by Tokyo 2020

画像提供:Tokyo 2020

 

 

Photo by Tokyo 2020

 オリンピック聖火リレーは、ギリシャ・オリンピアの太陽光で採火された炎を、ギリシャ国内と開催国内でリレーによって開会式までつなげるものです。 オリンピックのシンボルである聖火を掲げることにより、平和・団結・友愛といったオリンピックの理想を体現し、開催国全体にオリンピックを広め、きたるオリンピックへの関心と期待を呼び起こす役目を持っています。

 

 東京2020オリンピック聖火リレーは,

「Hope Lights Our Way(英語)/希望の道を、つなごう。(日本語)」

 をコンセプトに,2020年3月26日(木)から7月24日(金)の121日間をかけて、日本各地の魅力を国内外に発信していきます。
 茨城県は、45番目となる2020年7月5日(日)・6日(月)の2日間、オリンピック聖火リレーが実施されます。

 

茨城県ルートの概要

【見どころスポット】
 茨城県の聖火リレーは、サッカー競技の開催地である鹿嶋市から出発し、鹿行・県北・県央地域をリレーし、水戸市で1日目のセレブレーションを実施します。
 2日目は、古河市を出発し、県西・県南地域をリレーし、つくば市でセレブレーションを実施します。
 みどころは、日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」や日本最大級の高さ100mからのバンジージャンプが人気の「竜神大吊橋」,日本第2位の広さを誇り,雄大な景色と観光帆引き船が魅力の「霞ケ浦」など、多くの魅力あふれる場所をオリンピック聖火でつないでいきます。

袋田の滝 帆引き船

【日程・ルート】
2020年7月5日(日)~7月6日(月)

1日目 /           7月5日(日)

鹿嶋市→ひたちなか市・大洗町→大子町→日立市→常陸太田市→笠間市→水戸市

セレブレーション会場:水戸市千波公園ふれあい広場

 

 

2日目 /           7月6日(月)

古河市→常総市・坂東市→牛久市→龍ケ崎市→土浦市→つくば市

セレブレーション会場:つくば市研究学園駅前公園

※ルート概要、実施市町村とその順番、セレブレーション会場など上記の記載内容(特に実施市区町村の順番)については、今後変更となる可能性があります。

東京2020オリンピック聖火リレー
茨城県 聖火ランナーの募集は終了いたしました。
たくさんのご応募をありがとうございました。

茨城県 聖火ランナー募集 特設サイト(外部サイトへリンク)

【東京2020オリンピック聖火リレー 聖火ランナー公募概要】
茨城県実行委員会は、茨城県で走行する東京2020オリンピック聖火リレーの聖火ランナーについて、以下の通り公募を実施しました。

■ 募集期間 : 2019年7月1日(月)~8月31日(土)
■ 公募主体 :  東京2020オリンピック聖火リレー茨城県実行委員会
■ 公募人数 : 34人
■ 応募方法 :

茨城県聖火ランナー特設サイトにある応募フォームに必要事項を記入、または所定の応募用紙に必要事項を記入し、郵送により応募を受付ました。

■ 選考方法 :

茨城県実行委員会が、応募者の記載した事項に基づく選考を実施し、東京2020組織委員会に推薦し、東京2020組織委員会が当選者を決定します。

■ 当選発表 :

2019年12月以降、茨城県実行委員会より、当選の速報をご連絡します。その後、東京2020組織委員会から、当選者に対して、正式な当選通知をお送りさせて頂き、その通知をもって発表に代えさせていただきます。
※ 詳しい走行場所は、2020年2月中旬以降、東京2020組織委員会から当選者にご連絡します。
※ なお、落選の場合には、特段連絡はございません。ただし、走行日の2週間前までに欠員が出た場合は、繰り上げ選出される場合があります。 繰り上げ選出の際は、東京2020組織委員会から当選連絡をいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※東京2020オリンピック聖火リレーに関する情報については、下記も併せてご覧ください。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ
(外部サイトへリンク)