東京 2020 パラリンピック聖火リレー

 

 パラリンピック聖火リレーは,「パラリンピック聖火はみんなのものであり、パラリンピックを応援する全ての人の熱意が集まってひとつの聖火を生み出す」という国際パラリンピック委員会の理念に基づいて開催されます。

 東京2020パラリンピック聖火リレーは

「Share Your Lights(英語)/あなたは、きっと、誰かの光だ。(日本語)」

をコンセプトに,オリンピックの熱気と興奮をつなぐべく、オリンピック終了後、2020年8月13日(木)から8月25日(火)のパラリンピック開会式までの移行期間に開催します。

 

【パラリンピック聖火リレー 3つのシーン】
日本各地の熱意をパラリンピックの開会へとつなぐため、東京2020パラリンピック聖火リレーは、3つのシーンで展開されます。

■シーン1:「日本各地に熱意の火が灯る。」

  •  パラリンピックを応援する人々の「熱意」は、日本各地やイギリスのストーク・マンデビルで行われる採火式で「炎」にその姿を変え、さまざまな催しとともに、来る東京2020パラリンピックを盛り上げます。
    その後、開催都市である東京へ向けて送り出されます。
     ≫ 実施場所:ストーク・マンデビル(イギリス),43道府県(競技開催都市を除く)
           ※茨城県での詳しい日程や場所については、今後お知らせします。

■シーン2:「パラリンピック競技開催都市を、光り輝く炎が駆け抜ける。」

  •  競技開催県では、それぞれの県にて、採火式等に加えて、聖火リレーも開催。パラリンピック聖火ランナーが駆け巡った後、それぞれの県から東京に向けて「出立」します。
     また、競技開催都市として東京都でも同様に採火を行い、東京都の火として聖火リレーを実施します。
     ≫ 実施場所:競技開催都市 (静岡県、千葉県、埼玉県、東京都) 

■シーン3:「パラリンピックを応援する全ての熱意が一つに。東京2020パラリンピック

 聖火が生まれる。」

  •  日本各地で採火された東京2020パラリンピックを応援する炎は、東京で一つとなり(集火)、東京2020パラリンピック聖火が誕生します。
     そして、東京2020パラリンピック開会に向けて、開催都市東京で聖火リレーが実施されます。
      ≫ 実施場所:開催都市 (東京都)

【実施スケジュール】

シーン スケジュール 場所 実施内容
シーン1 2020年8月13日(木)
~2020年8月17日(月)
競技開催都県以外の43道府県
※茨城県はここに含まれます。
採火(式)
(聖火ビジット)
出立(式)
シーン2 2020年8月18日(火) 静岡県(競技開催都県) 採火式
(聖火ビジット)
聖火リレー
出立式
2020年8月19日(水) 千葉県(競技開催都県)
2020年8月20日(木) 埼玉県(競技開催都県)
2020年8月21日(金) 東京都(競技開催都県) 採火式
(聖火ビジット)
聖火リレー
シーン3 2020年8月21日(金)夜 東京都(開催都市) 集火式
2020年8月22日(土)
~2020年8月25日(火)
(パラリンピック開会式)
開催都市内聖火リレー

ストーク・マンデビルでの実施日・内容等、詳細は未定。

※東京2020パラリンピック聖火リレーに関する情報については、下記も併せてご覧ください。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ
(外部サイトへリンク)