サッカー男子日本代表・森保監督が
知事を表敬訪問しました

令和元年8月20日(火曜日)、サッカー男子日本代表の森保一(もりやすはじめ)監督が、9月5日(木曜日)の茨城カシマスタジアムでの日本代表とパラグアイ代表との国際親善試合を前に、大井川知事を表敬訪問しました。

茨城カシマスタジアムでは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のサッカー競技が予定されており、森保監督は東京2020大会男子オリンピック代表監督を兼ねております。

 

懇談では、森保監督が意気込みを語り、大井川知事は「W杯アジア予選を前に、カシマで勝ちきってほしい」とエールを送りました。

また、森保監督からは茨城国体とeスポーツ選手権の成功に、期待が寄せられました。

サッカー男子日本代表チームは2022年カタールワールドカップの出場をかけて、9月10日(火曜日)からアジア二次予選を戦います。

 

森保監督(左)から知事(右)にユニホームの贈呈