田嶋幸三日本サッカー協会会長と知事が会談

平成29年6月16日(金曜日)、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が県庁を訪れ、「先月18日に日本サッカー協会理事会において、2020年東京オリンピックのサッカー競技会場に、茨城県立カシマサッカースタジアムを第一に追加する旨決定した」ことを報告くださいました。

 

田嶋会長は、会談の中で「カシマサッカースタジアムは十分な施設であり、また、復興五輪ということを考えると、優先されるべき」と、日本サッカー協会が追加会場として選んだ理由を述べられました。

 

橋本知事は、日本サッカー協会の決定に関し、感謝を述べるとともに、「東日本大震災の時は、サッカー界を挙げて支援していただき、復旧することが出来た。復興五輪として選ばれたため、成功したと言われるようにやりたい。」と協力を約束しました。

 

東京オリンピックサッカー競技会場へのカシマサッカースタジアム追加については、7月に行われる国際オリンピック委員会(IOC)理事会で提案される予定です。

 

会談の様子

 

日本サッカー協会からユニフォームの贈呈