神栖市がチュニジアオリンピック委員会と事前キャンプ基本合意書を締結しました!

 神栖市が,チュニジアオリンピック委員会と東京2020オリンピック競技大会の事前トレーニングキャンプについて合意し,平成30年11月30日(金)に在日チュニジア大使館にて基本合意書締結式を開催しました。

 

 石田市長からは,最適なコンディション作りができるように,全面的にバックアップしたいとのコメントが出されました。

 

 チュニジアオリンピックチームの事前キャンプ詳細(競技や実施日)については,今後決定されます。

 

締結式の様子(写真左からメレズ・ブサイエーヌ チュニジアオリンピック委員会会長,モハメド・エルーミ駐日チュニジア大使,モハメド・ガムディ(チュニジア)オリンピックメダリスト,石田神栖市長)

 

 

現在,茨城県内ではチュニジアのほか,パラオ(常陸大宮市),キューバ(龍ケ崎市・柔道),モンゴル(桜川市・射撃),オセアニア地域(龍ケ崎市・柔道),タイ(龍ケ崎市・陸上),アルゼンチン(境町),スイス(つくば市),カザフスタン(結城市・空手),ベルギー(茨城県・水戸市・ひたちなか市)の10の国・地域について、事前キャンプの基本合意書が締結されています。(※平成30年12月3日現在)

 

 

事前キャンプ・ホストタウンのページはこちら