常磐大学と県立海洋高校がGAP食材を使用したベルギーの おもてなし料理をPRしました

ホストタウン 世界のおもてなし料理プロジェクト

常磐大学と県立海洋高校がGAP食材を使用したベルギーの

おもてなし料理PRしました

 

 常磐大学と県立海洋高等学校の学生・生徒が、ベルギー王国のホストタウンとなっている茨城県・水戸プラザホテル・JA全農いばらきとチームを組み、事前キャンプで来県するベルギー選手向けに地元のGAP食材を使ったおもてなし料理を開発しました。その開発したメニューを内閣官房が主催するホストタウンサミットのオンライン中継で、常磐大学生がPRしたほか、ベルギー大使館のTwitterに掲載されました。

常磐大学

料理を開発した常磐大学のみなさん ホストタウンサミット中継時の様子
(左)白いワッフル さつまいもと栗を添えて
(右) 熱々けんちん汁〜国境の壁を超えて〜

 

海洋高校

2種類のブレ・ア・ラ・リエジョワーズに
美味しい野菜のフリッツを添えて  
料理を開発した海洋高校のみなさん 麺バーガー・フリッツ

 

本県チーム名
  「茨城食でベルギーを全力でもてなし隊」

関連リンク
 世界のおもてなし料理プロジェクト https://host-town.jp/cooking

ホストタウンサミットとは
 内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が主催となり、ホストタウンとなっている自治体等がホストタウン相手国・地域との交流や取組み等を発表する場。これまで過去2回開催されている。
 今年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月20日、21日の2日間、オンラインに設置するバーチャル会場で開催した。